head_img



初心者はまず個別指導から入ります。

photo 通常の道場では、入門するといきなり全体練習に放り込まれます。しかし、ほとんどの場合、何が何だか分からずに混乱したまま過ごすことがほとんどです。

多治見道場では、初めて空手に触れる人は、まず川西先生からの個別指導で基本を教えてもらいます。
基本を理解することで、全体練習にも難なくついてこれるようになるので安心です。

武禅館空手は、いつ始めても身に付く空手。

「空手は子供の頃から始めないと…」と思い込んでいませんか?
実は武禅館は、40代、50代から初心者として空手を始めた人が多くいます。
それは伝統空手は無駄な体力を必要としない「武道」としての空手だからです。

武道としての空手を学びたい人は、ぜひ武禅館空手にいらしてください。
先人達が長い時間をかけて編み出した伝統空手の叡智が、あなたを戦う男に変身させます。

武禅館では60代で全日本大会に出て、20代の全日本選手と渡り合う人もいます。


~あなたが人生において、やりたかったことは何だい。
やれなかったことともいうだろう。ILL-BOSSTINO~

かっこいい男になりましょう。
親子、子供のみの入門も大歓迎です。(親子は1000円割引)

なぜ武禅館の伝統空手は真の実戦空手といえるのか?

武禅館ではノンコンタクト(寸止め)で組手稽古をします。
相手に当てないからこそ、より実戦的な稽古が可能です。

「え?実戦といえばフルコンタクトじゃないの?」
と思う人も多いでしょう。

多治見はガチガチに体を鍛えて、我慢比べのフルコンタクト空手ばかり目立ちます。
それは武道とは呼べず、スポーツ競技です。
実は総合格闘技など最新鋭の格闘技界では「フルコンタクト=非実戦的」というのがワールドスタンダードな認識です。

相手に当てることは危険です。
危険ですので、顔面攻撃、背中への攻撃、倒れた相手への攻撃、急所への攻撃…それらを禁止せざるを得ません。

反面、ノンコンタクトで行う伝統空手はあらゆる攻撃箇所の制約が少ない為、より実戦に近い戦いの感覚を得ることができます。
だからこそ、伝統空手家は総合格闘技などの現場においても高実績をあげています。


武禅館多治見道場は館長の直接指導です。

なぜ武禅館多治見は月謝が安いのか?それはこんな思いがあるから。

子育て世代が「強くなりたい」と思い立った時、背中を押せる金額にしました。
私は名古屋で道場経営をし、約200名の生徒を指導しています。
10年近く、空手を通して、登校拒否やイジメを乗り越えようとする生徒達のお手伝い、親子コミュニケーションを再建するをしてきました。
地元の多治見でも道場を開き、多治見の人達の為になりたいと考えました。

多治見で心のコントロール法を主にした空手を学ぶなら武禅館です。

photo 多治見道場は私、小池が指導します。
私は剛柔流、和道流、松井派極真、意拳、キックボクシング、総合格闘技、鹿島神流剣術…と18種の武術を学んできました。

人は常に暴力と隣り合わせです。
それは他人から受ける暴力だけではありません。
ついカッとなってしまう、落ち込み自分自身を傷付けてしまう…それらも暴力の一つです。
寸止めで行う空手修行は、自身の暴力性をコントロールする心理訓練となります。この空手という武道文化で、自身の心をコントロールする術を共に身に付けませんか?


親子でも学べる武禅館空!皆さんの感想例!

道場生が優良児童として表彰されました。

稽古の後、お風呂場から父と楽しそうに空手の話をしているのが聞こえてきます。一緒に学ぶことで、よい親子コミュニケーションになったようです。 伊藤力哉ママ
他の感想をお読みになる場合はこちら

伝統空手の基本、全空連ルールで活躍する道場生がたくさん。

photo 武禅館は東京五輪採用の全空連ルール(ノンコンタクト)を中心に練習しています。
アジア太平洋選手権四連覇で有名な内田順久先生が主催する全日本大会で準決勝進出。
また千葉真一総裁杯でも善戦する子供達がいます。

”空手が楽しくなる”雰囲気と、自発的なヤル気が引き出すのが武禅館の魅力です。


    

最新情報&更新情報

2018.5.12 6月30日に名古屋道場で第32回昇級審査会夏季が開催されます!


2018.3.26 3月25日に名古屋道場と合同昇級審査会がありました!


2018.3.10 5月20日にJAPANGAME全日本大会に参加します。


2018.3.10 ホームページを作成しました。


 

お問い合わせ

icon 電話番号090-6087-2884
各地で指導している為、お電話に出られない事が多いので留守番電話に「体験希望」と必ずお残し下さい。こちらから折り返し致します。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る